FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事の信憑性

DeNAやサイバーエージェント、グリーなど大手企業が運営するWebサイトに、いい加減な内容の記事が多かったことが問題になっています。ことのスタートは、医療系の記事です。医師や研究機関が正式に発表したものならいざ知らず、民間療法やトンデモな治療法も数多く掲載されていました。

なぜこのようなことが起こったのか。もともとは「キュレーションサイト」と呼ばれるまとめ記事が氾濫していることが挙げられます。SEO(検索エンジンの最適化)はこれまで、キーワードを入れていれば検索サイト(Googleなど)の上位に位置するため、皆がWebサイトにこぞって注目キーワードを掲載した時期がありました。ところが、Googleが検索サイトのアルゴリズムを変えたらしく、単にキーワードをサイトに入れ込むだけでは、検索結果の上位に位置されなくなってきました。そこで各社は、実際に記事を作成してWebサイトに掲載することでSEOを実現。注目を集める(アクセス数の多い)サイトづくりをするようになりました。

それらの記事は、いったい誰が書いているのでしょう? 実は、ライターのアルバイトというのはたくさんあり、相場では1000~2000字で1000~1500円あたりでした。主婦や学生、あるいはサラリーマンの副業として、ライター業はそこそこの人気があるようです。

私は元々新聞記者でした。途中でキャリアチェンジしましたが、文章を書いたり取材をしたりといった技術を学ぶための専門的なトレーニングを受けています。それを受けているかどうかによって、記事のクオリティは格段に違うのは事実です。たとえばマイナビという大手Webサイトに掲載されている記事を見てみましょう。

やっぱ、ちがうわ!「稼ぐ男」の休日の過ごし方6つ

予め断っておくと、このサイトがどのような経緯で誰が書いて、どなたがチェックしているのかは知りませんが、私が観る限り「素人」が書いていることは、間違いないでしょう。もっと言えば、チェックしている人も「素人」だと断言します。その理由は以下の通りです。

1)「稼ぐ男」の定義がない
「稼ぐ男はやっぱ違う!」というからには、「年収が〇円以上の男性を稼ぐ男とする」という定義が必要です。この文章の中には一度も「稼ぐ男とはどういう年収(あるいは収入)の男性か?」が出てきません。

2)実際に「稼ぐ男」の行動パターンではなく、世間の予想である
実際に「稼ぐ男」に聞いたわけではなく、女性にアンケートを取っただけです。つまり、あくまで予想でしかありません。例えれば、「アフリカにすんでいる人のイメージは?」と聞かれて、「ライオンやキリン」「砂漠や草原ばかりでビルがない」という答えを得ることと同じです。実際にはアフリカにもビルはあるし、ライオンやキリンがそこら中にいるわけではありません。つまり内容がかなり不確かです。

3)文章の主述があいまいで受け身
最初の文を見てみましょう。『婚活中の女性たちから、熱いまなざしを向けられるのが「稼ぐ男」です。』とあります。主述があいまいですね。私なら『婚活中の女性たちが熱いまなざしを向けているのが、「稼ぐ男」です。』と書きます。まず、「向けられる」と受け身で書かれると理解しにくいです。しかも、主語の部分に「が」や「は」がないとわかりにくいです。仮に最低限の赤入れ(修正)をするにしても、『~向けられるのが』の後に句点を入れますね。

4)不要な言葉が多い
2段落の本文を見てみましょう。『大人になり、社会人として稼ぐようになった今だからこそ、自分を高めるための能動的な勉強が必須なのかもしれませんね。』とあります。よくよく見ると『大人になり』という言葉は、それに続く『社会人として稼ぐようになった』と意味がダブりますね。つまり、『大人になり、』の部分は不要です。なくても意味は変わりません。なくてもいい文章は、省いたほうがシンプルに伝わりやすいでしょう。

すべてに目を通してはいませんが、アンケート結果があれば1時間で書けそうです。しかしながら、このような記事にもいいところがあります。読者にとっては無料で読めることが利点です。記者が何時間も取材をして何日もかけて練り上げた記事よりも、時としてこのように素人が素早く書いた記事がありがたいこともあります。

私個人の話をすれば、こういった無料記事に加えて、東洋経済やNewsPicksの有料記事のようにプロの編集者・記者が作ったものも並行して読むようにしています。速報性は前者、正確さは後者が優れていると思うからです。漫然とニュースを読むのではなく、情報の入手先を意識してみるとおもしろいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。