FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説「空飛ぶタイヤ」の感想

池井戸潤さんの小説「空飛ぶタイヤ」を読みました。上下巻でかなりの分厚さでしたが、量を感じさせないほど一気に読んでしまいました。
amazon 空飛ぶタイヤ

あらすじ
~引用開始~
走行中の大型トレーラーが脱輪し、はずれたタイヤが歩道を歩く若い母親と子を直撃した。トレーラーの製造元ホープ自動車は、トレーラーを所有する赤松運送の整備不良が原因と主張するが、社長の赤松は到底納得できない。独自に真相に迫ろうとする赤松を阻む、大企業の論理に。会社の経営は混迷を極め、家族からも孤立し、絶望のどん底に堕ちた赤松に、週刊誌記者・榎本が驚愕の事実をもたらす。(講談社文庫)
~引用終わり~

池井戸さんの小説は、ご本人もインタビューで答えている通り「勧善懲悪」のストーリー展開が多いです。困難の連続に見舞われる主人公が、周りの力を借りながら事態を好転させていき、最後はハッピーエンド。。。。それはわかってはいたのですが、やはりハラハラドキドキしながら読ませるこのストーリー展開はさすがだと思いました。ルーズヴェルト・ゲームや半沢直樹シリーズ、花咲舞シリーズ、下町ロケットシリーズ、陸王と読んできましたが、中でもこの「空飛ぶタイヤ」が面白かったです。特に印象的だったのが、登場人物の中に、自分が正しいと思って疑わない人物(しかも役職が高い)です。彼は、お客様は取引先には「誠実で正直」という印象を与えているものの、腹の中では「会社経営はきれいごとだけで成り立たない。手を汚しながらも、自社の存続、ひいては社員や家族、取引先を守らなければならない」と思っています。即座に頭に顔が浮かぶほど、実際によくいるタイプだと思います。彼が、自分の人脈や立場を利用して自分の不正を隠していく姿に、思わずくやし涙が出たほどです。

池井戸さんのメッセージを、勝手に想像しています。「実際の社会ではハッピーエンドにならない場合も多いですが、小説だからこそ、ひたむきに利他的に頑張っている人が報われるものを描きたい」のではないでしょうか。池井戸さんの作品を、他にもいろいろと読んでみたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。